PAD(末梢動脈疾患)に対する積極的治療としては、バイパス術と血管内治療があり、その適応には議論が多い。そこで、バイパス術と血管内治療の両方を行っている三楽病院外科科長の久保淑幸氏(写真)に、PADの診断と治療の実際についてうかがった(日経メディカル別冊)。

糖尿病性壊疽に合併した重症下肢虚血は、積極的血行再建を早い段階から考慮の画像

ログインして全文を読む