PAD(末梢動脈疾患)は、間歇性跛行や難治性潰瘍・壊疽などにより患者のQOLを損なうだけでなく、主要臓器の動脈硬化を合併することも多いため、生命予後が著しく低下する。そのため、近年はPADの早期発見・早期治療の重要性が指摘されるようになった。そこで、香川県立中央病院循環器科の土井正行氏(写真)に、PADの診断や治療の実際について伺った(日経メディカル別冊)。

PADは問診、触診、視診と簡単な検査で疑うことが可能の画像

ログインして全文を読む