近年、増加傾向にあるPAD(末梢動脈疾患)は、全身の動脈硬化性疾患の一部分症であり、虚血性心疾患や脳血管障害とともに、アテローム血栓症という概念で包括されるpolyvascular diseaseとしての認識が高まっている。そこで、聖路加国際病院循環器内科副医長の安齋均氏(写真)にPADの診断・治療の実際について、お話をうかがった(日経メディカル別冊)。

「Optimal Medical Therapy」を重視の画像

ログインして全文を読む