PAD(末梢動脈疾患)は全身の動脈硬化性疾患の一部分症であり、冠動脈疾患を高率に合併することが知られている。そのため、循環器科においてはPADの早期発見・早期治療の重要性が指摘されている。そこで、循環器科でのPADの診断、薬物療法、血管内治療などについて、国立病院機構災害医療センター循環器科医長の足利貴志氏(写真)にうかがった(日経メディカル別冊)。

冠動脈疾患のステント治療施行例で、PAD合併の場合は抗血小板薬の3剤併用を考慮の画像

ログインして全文を読む