末梢動脈疾患(PAD)は全身の動脈硬化性疾患の一部分症であり、冠動脈疾患との合併率が非常に高いため、最近では循環器領域においても注目されている。そこで、三木市立三木市民病院循環器科の粟野孝次郎氏(写真)に、PAD患者の動向、診断や薬物療法、血管内治療の実際について解説をお願いした。

腸骨動脈は完全閉塞も含めて血管内治療が第1選択、浅大腿動脈は血管外科と治療方針を相談の画像

ログインして全文を読む