末梢動脈疾患(PAD)は全身の動脈硬化性疾患の一部分症であり、冠動脈疾患との合併率が非常に高いため、最近では循環器領域においても注目されている。そこで、沖縄県の北部地区医師会病院循環器科部長の上原裕規氏(写真)に、PAD患者の動向、診断や薬物療法、血管内治療の実際についてうかがった(日経メディカル別冊)。

重症下肢虚血治療のために、フットケアチームを1日も早く立ち上げたいの画像

ログインして全文を読む