PAD(末梢動脈疾患)に対する積極的治療としては、バイパス術と血管内治療があり、その適応には議論が多い。そこで、バイパス術と血管内治療の両方を行っている真泉会第一病院心臓血管外科の曽我部仁史氏(写真)に治療の実際についてうかがった(日経メディカル別冊)。

PADの治療では個々の患者さんにとって必要な治療を最小限行うの画像

ログインして全文を読む