間欠跛行を呈する疾患には、神経性の脊柱管狭窄症(LCS)と血管性の末梢動脈疾患(PAD)があり、最近は両疾患を合併している患者が多いことも明らかになってきた。そこで、その鑑別のポイントと治療の実際について、獨協医科大学越谷病院整形外科准教授の飯田尚裕氏(写真)にうかがった(日経メディカル別冊)。

足背動脈の触診や画像診断だけで、間欠跛行の責任病変を診断するのは危険の画像

ログインして全文を読む