冠動脈疾患、脳梗塞、末梢動脈疾患の増加に伴い、それらに共通する病態としてアテローム血栓症が注目され、全身の血管病変に対する治療(グローバルインターベンション)の重要性が増している。そこで、2人の循環器医師に末梢動脈疾患(PAD)、あるいは冠動脈疾患(CAD)や脳血管障害(CVD)合併PADの治療について、グローバルインターベンションの視点から話し合っていただいた(日経メディカル別冊)。

末梢動脈疾患に対するグローバルインターベンションの意義の画像

ログインして全文を読む