近年、増加傾向を示すPAD(末梢動脈疾患)は、冠動脈疾患や脳血管障害を高率に合併し、QOLだけでなく生命予後に大きくかかわる疾患であり、早期発見・早期治療の重要性が指摘されている。そこで、東宝塚さとう病院血管外科部長の渋谷卓氏(写真)に、PAD患者の動向、診断や薬物療法、外科的治療の実際についてうかがった(日経メディカル別冊)。

PADに対するバイパス術と血管内治療の選択では、個々の患者さんの病態と手術侵襲を考慮して決断するの画像

ログインして全文を読む