PAD(末梢動脈疾患)は、それ自体が深刻な障害をもたらすだけでなく、冠動脈疾患や脳血管障害を高率に合併し、QOLや生命予後にも大きな影響を与える。そこで、札幌心臓血管クリニック理事長の藤田勉氏(写真)に、PAD患者の動向、診断や薬物療法、血管内治療の実際についてうかがった(日経メディカル別冊)。

個々の患者さんの症状をよくみて、薬物療法、バイパス手術、血管内治療の適応を見極めることが重要の画像

ログインして全文を読む