近年、高齢化や食生活の欧米化を背景に、わが国における動脈硬化性疾患は急増しており、特に末梢動脈疾患(PAD)の増加が臨床現場で注目されてきている。そこで、宮崎市郡医師会病院循環器科科長の柴田剛徳氏(写真)に、PAD患者の動向、診断や薬物療法、血管内治療の実際についてうかがった(日経メディカル別冊)。

TASC IIのA型病変は血管内治療、他は薬物療法を重視の画像

ログインして全文を読む