間歇跛行を呈する患者が最初に受診するのは整形外科が最も多い。しかし、間歇跛行は腰部脊柱管狭窄症(LCS)と末梢動脈疾患(PAD)にみられる症状で、両疾患の治療法は異なっている。そこで、LCSとPADの鑑別診断のポイントと合併例に対する治療の注意点などについて、青森県立中央病院整形外科部長の伊藤淳二氏(写真)にうかがった(日経メディカル別冊)。

神経根ブロックはPADの症状をマスクする危険性があるの画像

ログインして全文を読む