間欠跛行を呈する患者が最初に受診するのは整形外科が多い。しかし、間欠跛行は、腰部脊柱管狭窄症(LCS)と末梢動脈疾患(PAD)にみられる症状で、両疾患で治療法は異なる。したがって、適切な治療を行うためには正確な鑑別が求められる。そこで、LCSとPADの鑑別診断の重要性とそのポイント、合併例に対する治療の実際、今後の課題などについて、国際医療福祉大学三田病院副院長(整形外科部長)の福井康之氏(写真)にお話をうかがった(日経メディカル別冊)。

LCS治療ではPADの合併を前提に診ることが重要の画像

ログインして全文を読む