近年、末梢動脈疾患(PAD;Peripheral Arterial Disease)に対する血管内治療が注目されている。そこで、PADに対する薬物療法と血管内治療の実際、さらに血管内治療後の抗血小板療法について、旭川医科大学救急部助教の八巻 多氏(写真)にうかがった(日経メディカル別冊)。

PADの診療ガイドラインであるTASC IIの普及が大切の画像

ログインして全文を読む