わが国における動脈硬化性疾患患者は顕著な増加傾向にあり、動脈硬化性疾患の一部分症である末梢動脈疾患(PAD;Peripheral Arterial Disease)も同様の傾向がみられる。また、PADは冠動脈疾患や虚血性脳疾患、慢性腎臓病を合併する頻度も高いため、近年、循環器領域においても注目されている。そこで、医療法人立川メディカルセンター立川綜合病院循環器内科主任医長の高橋稔氏に、PADの診断や治療の実際について解説をお願いした(日経メディカル別冊)。

ログインして全文を読む