高齢化社会、生活習慣の欧米化を背景として、動脈硬化性疾患が増加している。特に、末梢動脈疾患(PAD;Peripheral Arterial Disease)は、全身の動脈硬化性病変の一部分症状として捉えられ、主要臓器の動脈硬化を合併することも多く、予後の悪い疾患として注目されている。そこで、徳島赤十字病院循環器科の弓場健一郎氏(写真)に、PADの動向や治療に関して解説をお願いした(日経メディカル別冊)。

PADの診断とフォローアップで血管エコー検査を重視の画像

ログインして全文を読む