近年、末梢動脈疾患(PAD;Peripheral Arterial Disease)に対する血管内治療が注目されている。そこで、PADに対する血管内治療と薬物療法の実際、さらに血管内治療周術期の抗血小板療法について、京都桂病院心臓血管センター所長の中村茂氏(写真)に解説をお願いした(日経メディカル別冊)。

末梢疾患の血管内治療は年200〜250例、約75%が下肢動脈の画像

ログインして全文を読む