近年、わが国では動脈硬化性疾患が増加している。特に、末梢動脈疾患(PAD;Peripheral Arterial Disease)は、全身の動脈硬化性病変の一部分症状として捉えられ、主要臓器の動脈硬化を合併することも多く、予後の悪い疾患として注目されている。そこで、順天堂大学医学部附属静岡病院循環器科助教の川村正樹氏(写真、※)に、PADの診断や治療の実際について解説をお願いした(日経メディカル別冊)。(※2009年4月より四日市社会保険病院循環器科部長)

薬物療法で症状が改善しない場合、腸骨・大腿動脈領域の狭窄には血管内治療を考慮するの画像

ログインして全文を読む