近年、末梢動脈疾患(PAD;Peripheral Arterial Disease)が増加している。そこで、PADの診断のポイント、血管内治療の実際、さらに血管内治療後の抗血小板療法について、葛西循環器脳神経外科病院循環器科医長の梅本朋幸氏(写真)に解説をお願いした(日経メディカル別冊)。

冠動脈疾患や脳血管疾患の症例ではPADの合併を疑うべきの画像

ログインして全文を読む