近年、末梢動脈疾患(PAD;Peripheral Arterial Disease)が増加している。そこで、PADの早期発見・早期介入の重要性、診断と治療のポイントについて、済生会滋賀県病院循環器内科の中村隆志氏に解説をお願いした(日経メディカル別冊)。

末梢動脈疾患に対する診断と治療のポイント(1)の画像

ログインして全文を読む