末梢動脈疾患治療の重要性が認知されはじめ、循環器医が末梢血管インターベンションに取り組みはじめた。しかし、冠動脈インターベンションほど普及していないため、まだ試行錯誤が続いている。最近、末梢血管インターベンションのノウハウをまとめたハンドブックをまとめた東邦大学医療センター大橋病院循環器内科准教授の中村正人氏に、末梢動脈治療の現状やノウハウなどについてうかがった。

普及しはじめた末梢血管インターベンションのスタンダードを示したいの画像

ログインして全文を読む