脳梗塞再発抑制を目的とした抗血小板療法の有用性は確立しているが、治療継続の阻害要因として出血性副作用が問題となってきた。一方、先頃、抗血小板薬プレタール(一般名:シロスタゾール)の有効性、安全性をアスピリンと比較した大規模臨床試験CSPS(Cilostazol Stroke Prevention Study)2の成績が発表され、プレタールの高い脳卒中再発抑制効果が証明されるとともに、出血性イベントも著明に抑制されることが明らかになった。この成績は脳梗塞慢性期における抗血小板療法の重要性を再認識させたが、実地診療では抗血小板療法を継続しない脳梗塞患者も少なくない。

ログインして全文を読む