脳卒中は嚥下障害の大きな原因のひとつであり、嚥下障害による薬の飲みづらさや誤嚥性肺炎は、脳卒中慢性期の大きな課題になっている。そこで、藤田保健衛生大学医学部リハビリテーション医学宜嶌造虜容1桧豢擬に、わが国における脳卒中後の服薬コンプライアンスや誤嚥性肺炎の実態、口腔内崩壊錠(OD錠)の有用性などについて、解説していただいた。

ログインして全文を読む