脳梗塞の再発抑制において抗血小板療法の有用性は既に確立されており、近年は、その抑制効果をいかにして強化するかが試みられてきた。しかし、過去数年間に報告された大規模臨床試験の成績では、複数の抗血小板薬を併用しても当初期待されたような結果は得られていない。抗血小板療法の行き詰まりを打開するにはどうしたらいいだろうか。血栓症をいかにして抑制するかという根本的な視点から、内山真一郎氏とMark Fisher氏に討論していただいた。

ログインして全文を読む