近年、複数の大規模臨床試験で抗血小板薬併用療法の有用性が検討されているが、脳梗塞二次予防のための抗血栓療法には新たな理論的枠組みが必要といわれる。血小板活性に対する抑制を強化するだけでは血栓症を十分に予防できない状況を、どうしたら打開できるだろうか。そのような視点から、米国における脳卒中研究の権威Mark Fisher氏を迎え、日本の専門家3氏との間で、脳梗塞二次予防に関する最近の知見をめぐり討論していただいた。

ログインして全文を読む