2008年4月、新しい頸動脈用ステントと遠位塞栓防止用デバイスによる治療が保険収載となり、頸動脈ステント留置術(CAS)が本格的に始動した。この新しいCASについては、適応、実施、トレーニングのすべてに厳格な基準が定められ、当初から良好な治療成績が期待されている。そこで、指導医としてCASの教育を担当してきた脳神経外科専門医の5氏により、CASの教育システム、治療経験に基づく有用性評価や克服すべき課題などについて討論していただいた。

ログインして全文を読む