高齢人口の増加により、脳梗塞など血栓性疾患の予防・治療が日常臨床において重要性を増している。そうした中で、抗血小板療法が広く行われるようになっているが、一方で出血性合併症も問題となるため、出血を惹起しない抗血小板療法が強く求められている。出血性合併症を回避するためには、どのような方法が必要なのか。このほど来日した最先端の血栓研究者、米国のRuggeri氏を招いて、我が国の専門家との間で討論していただいた。

ログインして全文を読む