3月5日(金)12時50分から、第74回 日本循環器学会総会・学術集会のランチョンセミナーLS1が、国立京都国際会館メインホール(第一会場)で開催されます。テーマは「抗血小板薬治療の最新エビデンス」。国立循環器病センター名誉総長の山口武典先生が座長を務め、東京女子医大教授の内山真一郎氏と、Ulsan大学のSeung-Jung Park氏が講演します。

ログインして全文を読む