6月5日(金)13時30分から、第32回日本血栓止血学会学術集会のジョイントセミナー「抗血栓療法のリスク・ベネフィットを考える」が、北九州国際会議場(第2会場;2F 国際会議室)で開催されます。東京女子医科大学医学部神経内科の内山真一郎氏と埼玉医科大学国際医療センター神経内科の棚橋紀夫氏の座長の下で、以下の4演題が発表される。

ログインして全文を読む