2月28日(土)12時から、第11回日本在宅医学会大会のランチョンセミナーが、かごしま県民交流センターB会場で開催されます。佐久総合病院地域ケア科の北澤彰浩先生が座長を務め、医療法人社団寿恵会深沢1丁目クリニック院長の鴨下孝志先生が「脳梗塞慢性期の管理〜誤嚥性肺炎の対策を中心として〜」、多摩大学統合リスクマネジメント研究所教授の真野俊樹先生が「日本の医療環境の現状と変化 地域医療と在宅医療」のそれぞれのテーマで講演します。

ログインして全文を読む