11月21日(金)12時から、第31回日本血栓止血学会学術集会のランチョンセミナーが大阪国際交流センター(2階小ホール)で開催されます。テーマは「病理像からみた心血管イベント発症における血栓形成機構」。東海大学医学部内科学系教授の後藤信哉氏が座長を務め、宮崎大学医学部病理学講座教授の浅田拓士郎氏が講演します。

ログインして全文を読む