2008年2月に、米国ニューオリンズで開催された国際脳卒中学会(ISC2008)からトピックスをまとめました。「脳梗塞発症後3〜6時間のt-PA静注療法」「脳梗塞患者の退院時の抗血小板薬処方」「脳卒中急性期治療の新たな展開」などを取り上げました。詳しくはそれぞれの目次をクリックしてください。

国際脳卒中学会(ISC2008)からのトピックスを発信の画像

ログインして全文を読む