急性期脳梗塞患者において、血管内治療と血管内治療と血栓溶解(tPA)静注療法を無作為化臨床試験によって比較した8論文をメタ解析した結果、3カ月のmRSでは血管内治療がtPA静注療法より有意であることが示された。ただし、3カ月の生存率、症候性脳出血には有意差を認めなかった。

3カ月のmRS、血管内治療がtPA静注療法より有意の画像

ログインして全文を読む