MR CLEAN試験の結果を治療時間と治療効果の関係で解析した結果、発症から再灌流までの時間(TOR)と治療効果に有意な相関が見られ、発症から治療までの時間(TOT)にも有意ではなかったが相関が示唆された。

治療が遅れるほど転帰良好の可能性が減少の画像

ログインして全文を読む