オランダで実施されたMR CLEAN試験では、急性期脳梗塞患者における発症6時間以内の血管内治療の有効性が示された。この試験において利益を得るための必要治療数(NNTB)、害に至る治療必要数(NNTH)を解析したところ、血管内治療は、患者7人につき機能障害がない転帰を1人増やし、患者3〜5人につき機能障害の少ない転帰を1人増やすことなどが明らかになった。

患者7人につき機能障害がない転帰を1人増やすの画像

ログインして全文を読む