MR CLEAN試験研究グループのオランダ・VU大学メディカルセンターのOlvert. A. Berkhemer氏らは、同試験結果の事後解析によって、動脈内治療(IAT)患者の麻酔管理と機能転帰および安全性との関係を検討。全身麻酔は治療開始の遅延に結びつくことが示唆され、転帰に対する効果はみられないことが示された。国際脳卒中学会(ISC 2015:International Stroke Conference 2015、2月11〜13日、米ナッシュビル)で報告した。

動脈内治療、全身麻酔群では転帰に対する効果は見られずの画像

ログインして全文を読む