外傷性脳損傷(TBI)を負った高齢者が退院後にワルファリン療法を再開すると、出血リスクは増大するものの、大半の患者に脳卒中リスクの低減というベネフィットがもたらされることを示唆する結果が得られた。この成果は、JAMA Intern Med誌6月10日号オンライン版に掲載された。

TBI後の高齢者、ワルファリン再開で脳卒中リスクが低減の画像

ログインして全文を読む