急性虚血性脳卒中(AIS)の血管内治療の効果については、当初、再開通や機能的転帰を改善するという無作為化試験の報告が相次いだが、最近は、臨床的な利点が示されていない。英国・キングズ・カレッジ病院のJ Birns氏らは、AISの血管内治療に関する無作為化試験の結果をメタ解析し、その結果を2月に米サンディエゴで開催された国際脳卒中学会(ISC2014)で報告した。

急性虚血性脳卒中に対する血管内治療、再開通率、機能的転帰、死亡率を有意に改善の画像

ログインして全文を読む