症候性頭蓋内狭窄に対する血管内治療の効果を検証するためには、積極的内科療法(AMM)の効果が低いハイリスク患者を見極めるなどの条件が必要であることが示された。米ロチェスター大学のNTM Kung氏らは、SAMMPRISのプロトコールに従ってAMMを行った場合と比較して、血管内治療の効果が1年以内に示されるかどうかを数値的に検討し、2月に米サンディエゴで開催された国際脳卒中学会(ISC2014)で報告した。

症候性頭蓋内狭窄に対する血管内治療の効果を検証する条件を検討の画像

ログインして全文を読む