脳卒中再発リスクが高い患者を対象に、シロスタゾール以外の単剤による抗血小板療法(SAPT:single antiplatelet therapy)とシロスタゾールを含む2剤の抗血小板療法(DAPT:dual antiplatelet therapy)の脳卒中再発抑制効果と安全性を比較する新しい臨床試験であるCSPS.com(Cilostazol Stroke Prevention Study for Antiplatelet Combination、主任研究者:国立循環器病研究センター名誉総長・山口武典氏)の概要が発表された。

脳卒中再発ハイリスク患者対象、CSPS.com試験の概要を発表の画像

ログインして全文を読む