血栓溶解療法を受けていない心原性脳塞栓症患者および非心原性脳塞栓症患者において、血管イベントのリスクを評価するTHRIVEスコアにより虚血性脳卒中後の臨床転帰、死亡、出血性変化のリスクが予測可能であることが、中国の大規模なプロスペクティブ・データベースの解析で示された。この結果はStroke誌4月17日号(オンライン版)に掲載された。

THRIVEスコアは虚血性脳卒中後の臨床転帰、死亡、出血性変化のリスクを予測の画像

ログインして全文を読む