AHA(米国心臓協会)とASA(米国脳卒中学会)の主導で2010年に全米で始まったTarget: Strokeプログラムの効果を検証したところ、DTN時間(door-to-needle、病院到着から静注開始までの時間)60分以内の患者が50%以上の病院は有意に増加したことが報告された。カリフォルニア大学ロサンゼルス校のGregg C. Fonarow氏らが2月に米サンディエゴで開催された国際脳卒中学会(ISC2014)で発表した。

Target: Strokeプログラムで「DTN時間60分以内の患者50%以上の病院」が有意に増加の画像

ログインして全文を読む