脳主幹動脈閉塞急性期治療における血管内治療(EVT)の効果を解析した結果、ICAまたは近位M1の閉塞例で転帰良好例が多いことが明らかになった。国立循環器病研究センター脳神経内科の山上宏氏らが、2月に米サンディエゴで開催された国際脳卒中学会(ISC2014)で発表した。

脳主幹動脈閉塞急性期の血管内治療、ICAまたは近位M1の閉塞例で転帰良好例が多くの画像

ログインして全文を読む