血栓溶解薬デスモテプラーゼは、日本人AIS(acute ischemic stroke、急性虚血性脳卒中)患者において、プラセボと比較して症候性頭蓋内出血(sICH)の増加をもたらさなかったことが報告された。国内第2相臨床試験のDIAS-Jで明らかになった。国立循環器病研究センターの峰松一夫氏らが、2月に米サンディエゴで開催された国際脳卒中学会(ISC2014)で発表した。

血栓溶解薬デスモテプラーゼ、症候性頭蓋内出血の増加をもたらさずの画像

ログインして全文を読む