脳梗塞進行の予測因子を明らかにするために、シロスタゾールとアスピリンを用いたPENTAGON(Prevention using cilostazol from acute stroke progression)試験が実施された。その予備的解析結果が、今年2月6〜8日にハワイ・ホノルルで開かれた国際脳卒中学会(ISC2013)で発表された。大分大学第三内科准教授・平野照之氏らが報告した。

脳梗塞急性期の症状進行の予測因子をシロスタゾールとアスピリンを用いて検討の画像

ログインして全文を読む