内頸動脈または中大脳動脈に閉塞がある急性期脳梗塞患者において、Penumbraシステムを使用した機械的血栓除去術と標準的内科療法を比較したMR RESCUE(Mechanical Retrieval and REcanalization of Stroke Clots Using Embolectomy)試験の結果、penumbraがある対象者での血栓除去術の有効性は示されなかった。米ジョージタウン脳卒中センターのChelsea S. Kidwell氏が、今年2月6〜8日にハワイ・ホノルルで開催された国際脳卒中学会(ISC2013)で発表した。

急性期脳梗塞患者において、機械的血栓除去術と標準的内科療法の効果の差は認められずの画像

ログインして全文を読む