症候性および無症候性頸動脈狭窄症の日本人患者949人を対象に、頸動脈ステント留置術(CAS)後の血管イベント発症を前向き・多施設でみたIDEALCAST(Investigation on DEvices and Anti-pLatelet therapy for Carotid Artery STenting)研究で、抗血小板療法についてサブ解析を行った結果も報告された。CAS術前のアスピリン+シロスタゾール(ASA+CSZ)群で、CAS後12カ月以内の死亡などの主要評価項目リスクが減少したことが示された。同研究グループの国立循環器病研究センター脳神経内科医長・山上宏氏らが、今年2月6〜8日にハワイ・ホノルルで開催された国際脳卒中学会(ISC2013)で報告した。

CAS術前のASA+CSZ群で、CAS後12カ月以内の死亡などの主要評価項目リスクが減少の画像

ログインして全文を読む