頭蓋内動脈狭窄症(IAS)を伴う脳梗塞患者において、IASの進行、虚血性イベント、出血イベントに対するアスピリン+シロスタゾール併用療法とアスピリン単独療法の効果を比較したCATHARSIS(Cilostazol-Aspirin THerapy Against Recurrent Stroke with Intracranial artery Stenosis)試験の最終結果が、今年2月6-8日にハワイ・ホノルルで開催された国際脳卒中学会(ISC2013)で発表された。同研究グループ代表者の東京女子医科大学神経内科教授の内山真一郎氏が報告した。

IASに対する抗血小板療法を検討したCATHARSIS試験の最終結果が発表の画像

ログインして全文を読む