SAMMPRIS試験(Stenting and Aggressive Medical Management for Preventing Recurrent stroke in Intracranial Stenosis)では、主要頭蓋内動脈の高度狭窄が原因と判断されるTIA患者と脳卒中患者において、積極的内科療法とステント留置(PTAS:percutaneous transluminal angioplasty and stenting)+積極的内科療法(PTAS群)との効果が比較され、積極的内科療法単独の方が優れていることが示された。この結果を受けて、米国サウスカロライナ大学のTanya Nadine Turan氏は、本試験の対象者において、積極的内科療法がリスクファクターにどのような影響を及ぼしたかを検討し、その結果を米国のニューオーリンズで開催されたISC 2012(国際脳

SAMMPRIS 試験で積極的内科療法の予後が優れていたのは、リスクファクターの管理が寄与の画像

ログインして全文を読む